« ・・・ | トップページ | 速報! »

2006年5月 6日 (土)

マンガ

またまた暇なので更新しまーす(連休で何回目だ)

ついに相場開始まで31時間を切ったわけだけど自分はず~とチャートみたりマンガ読んだりして過ごしていました。

マンガは趣味の1つで結構読んでます。

今日は株を始めてから何度も読み返した「カイジ」について語りたいと思います。結構ブログやってるトレーダーさんの中には愛読してるって人もいると思うけど読めば読むほど株に通じるものを発見できこのGWでも読み返しました。

今回は自分が共感した言葉を少し紹介します。

・・・・・・勝つ勝率を高める何かだが・・・それは一朝一夕で辿り着くようなものではない・・・蓄積なのだ・・・長年の経験のな・・・しかし・・・ビギナーはすぐそれを手に入れようとする・・・いや・・・しようとするだけでなく・・・摑んだような気にさえなったりする・・・掲げたがるのだ・・・!すぐ・・・確信めいたものを・・・!無論・・・そんな確信は付け焼刃・・・しかし・・・自力で辿り着いたアイディアは本人にとっては特別でのぉ・・・大した考えでなくとも大変な閃きに感じられ・・・なんの吟味もなくあっさりそれに沿おうとする・・・!疑い続けること・・・不安であり続けることが・・・ギャンブルで生き残るために最も必要な心構えなのに・・・素人ほどそれをすぐ捨てる・・・言い換えれば・・・すぐ腹を括る・・・!すぐ「これで負けたらしょうがない」という口をきく・・・白黒を付けるタイミングが一つも二つも早い・・・ビギナーは耐えられないのだ・・・勝つか負けるか分からないという・・・不安・葛藤・・・そんな時間が長く続くことに耐えられない・・・そんな状態よりいっそ・・・ハッキリさせた方がいいと考える・・・仮に・・・負けが確定することになろうとも・・・!それが素人の習性だ・・・!

カイジ10巻よりEカードで戦う利根川の言葉~

とてもすばらしい言葉じゃないですか??
これを見た時は自然に言葉1つ1つを株に当てはめてたなぁ

たまに、読んでためになった本はありますかと聞かれますが巷で売られてる株本なんかは所詮成功者の手法を説明するものがほとんどであり株式投資で一番求められるのは自分で発見したアイデア(トレード法・スタイル)や精神的なメンタル部分の強化だと思うし性格だけでも向き・不向きがはっきり出てくるこの世界では他人の自信のあるトレードを見てもしっくりこないのがほとんど。

もしその本を見て成功できるならみんなが成功しはじめるわけだし、損する人が少なくなる・・・これだと相場の世界は成り立たなくなってしまうかもしれません。

自分はよっぽどカイジの方がためになりました。

「損する人がいるから儲ける人がいる」

比率はみんな知ってると思うけど9割は損する側!

もし将来この世界で生きていくにも「食物連鎖」のような関係があるということを忘れてはいけないと思うし、結果的には9割の人の資金を減らしているのが残酷にも1割の成功者ということも頭に入れつつ結局はみんなその1割を目指す・・・すごい世界にきてしまったもんだ・・・深いなぁ

共感してくれたら嬉しいなぁ。。

でも一番いいたいことはそのような情景をマンガで違う形で表現する「福本信行」さんは天才的だと思うし、相場の世界でもきっと成功するだろうと思った。

以上、相場開始31時間を前にしたある株中毒者でした

|

« ・・・ | トップページ | 速報! »

コメント

「カイジ」、愛読書の一つだよ。
俺のプロフィールもカイジの絵だし。

相場もどこでも勝つのは1割だと思うな。
就職でも資格でもなんでも実際勝ってるのは1割くらいだから。そういうのを見てきたから、「やっぱ世の中勝たなきゃダメだ」とはいつも感じるねぇ。世の中厳しい!

俺の今のスタイルで株中毒になると、絶対負けるので中毒症状はサッパリなくなってしまったなぁ~
この記事みたらカイジ読み直したくなってきたw

投稿: むーすけ | 2006年5月 6日 (土) 23時47分

むーすけさん

こんばんw

むーすけさんならコメントくれそうな気がしてましたよw

1割・・・この数字は相場の世界ではただのギャンブル的な数字じゃないと思うし、やることをやった人にしてみれば必然的な1割組入りだと思います!

確率的に1割だったら相場からどんどん人が消えてくと思うしいくら努力してもむくわれないことになってしまいますから。

お互い日々の努力でなんとか相場で生き残り必然的に1割組にくいこみましょう!!あついなぁおれ

投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 00時08分

こんばんわ、はじめまして。毎日ブログを楽しみにしてます。若いのに、独自のスタイルをもっててすごい! うさぎさんは、同じく福本さんの麻雀マンガの『アカギ』の主人公、アカギみたいですよ。独特の深い分析、自分を信じる心、そして少し生意気で温かい態度。かっこいいです。もしまだ読んでなければ、おすすめです(深夜アニメもあるそうです)。

投稿: 航一郎 | 2006年5月 7日 (日) 00時26分

日経平均が上がり続ければ全員が儲けられるって考えは違ったかな?
とにかくいつかその1割に入っていたいものです。

ここ数日考えてるんだけど上手い監視の方法が見つかりません。
監視数が増えればチャートが見にくくなったり、チャートを見やすくすれば監視数が減ったり。
ツールの問題もあるかもしれないけどこれも試行錯誤してたどり着くんでしょうね。

この前いくつか質問を思いついてたんで聞いてみます。
問題ない範囲で教えてもらえれば嬉しいっす。

1.鉄鋼とか不動産とか得意みたいですけど、どんな銘柄を、いくつくらい、どの用に監視してますか?
(日経平均に採用されてる鉄鋼全部を1分足で見てるとか。)

2.仕手っぽいのを見つけるのはスクリーニング使ってると思うんですが、どこのスクリーニングでどのような条件で拾ってますか?

3.先物に悪材料が無いとかっていうのを確認している情報源は何でしょうか?

毎度お手数おかけしますorz

投稿: hiro | 2006年5月 7日 (日) 00時58分

航一郎さん

わーい、すごい嬉しいコメントあざぁーす!!
はじめまして!!いつも見ていただいてうれしーっす!!

「アカギ」と麻雀についてちょい語らしてください。。

実は自分中3の頃から麻雀が好きで好きで麻雀のマンガ、本などはほぼ読みました。

もちろんアカギも読みました!(連載中か)
アニメも夜中見てました。。

ってか福本さんのマンガはアカギから入りました!
あの世界観には、はまりましたね。

でちょい自慢ですが麻雀は当時自分の他に一人いつもつるんでた奴以外に負けた記憶が無いぐらい勝ちました!

18で雀荘に2人でフリーでいっておっさんとやることも結構ありました!(わざと別卓でお互い勝ち合わないように分かれてやるぐらい2人とも強かったっす)わざわざレートが高い東京の雀荘にまで足を運んだことも。

結果はまぁどれくらいの期間か分かりませんが相当小遣いはたまりました。

麻雀のプロテストまで受けようとしたんですが年齢が駄目であきらめました。

この頃は毎日麻雀のことを考えていました。

株に最初から自信を持てたのも世界的に似てる部分があると思ったからです。

今は1年ぐらい禁麻雀しています。なぜ麻雀をやめたかというとまず下手すると1日中麻雀漬けの日々が続き生活が乱れること。それに利益が株に比べて小さすぎるんです。

ちょうど株を始めるにあたってやめた感じです。
あのころはほんと駄目人間だったなぁ

たまに誘いがありますが生活を乱したくないので全部断っています。

とまぁこのぐらい麻雀のことは好きなわけです。
久々に禁断症状がでてきたな。

でももうあのだらしない世界に戻る気はありませんが。

トレーダーの方はみんな強そうなので1回やりたいなぁ
まぁ勝つけど

すいません、自分の世界はいってた。。

航一郎さん、これからもコメントしてくださいねー!
あと自称強いという方いたら良かったらコメントくださいね!

投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 01時19分

hiroさん

どうも質問答えますよー

1つ目は業種ごとに連動する銘柄を入れておきその日ごとに先物と連動する業種を寄り後さらに絞り2~3銘柄に集中します。
連動してると分かってからは分足は見ません!

あくまで先物と銘柄の値段を交互に超監視!
板を見て先物が動いた方に動きそうなら仕掛けます。
結果分足見るといいとこで自然としかけられてます。

日足は監視銘柄は頭に入れておいたほうがいいですよ

多すぎて難しければ最初は2~3個でいいと思いますよ!

二つ目!仕手っぽいの=自分が朝仕掛ける銘柄でしょうか?
これは経験!自分が株を始めてから同じように急騰した銘柄を覚えてたのでそれを毎日ヤフーの100位までの値上がり、値下がり銘柄から探してきます。結果50銘柄ぐらいになりました。
これはむずかしいと思います。

3つ目の先物に悪材料って意味は分かりませんがただ先物がどう動こうか連動する銘柄を先物の動きに合わせて買うだけです

分からなかったらまたコメントくださいね!

投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 01時38分

株で成功する人ってスロットとかマージャンとかいわゆるギャンブルって言われてるのに強いみたいっすね。
やっぱり何か共通点があるんだと再認識。

回答ありがとうございます。
毎度わかりやすいです。
1番目。やっぱりやってることが他と違いますね。
そんな手法聞いたこと無いっす。
2番目。これから俺も少しずつ集めていきます。

3番目は書き方悪かったっすね。
先物がものすごく下げた時に、それが何か悪材料のある下げなのか、意味の無い下げなのかは、どうやって確認してるんですか?って意味でした。

もうこんな時間orz
今日もおつかれっした。おやすみなさい☆

投稿: hiro | 2006年5月 7日 (日) 02時51分

おお~ 同じ言葉に感動してますね
以前俺もブログに載せましたよ この言葉
http://blog.livedoor.jp/ks1414/archives/50569483.html

やっと中毒者には辛い連休が終わりますね
テンション騰がりすぎてポカをやらかさないように明日は頑張りましょう

投稿: 恒星 | 2006年5月 7日 (日) 14時22分

hiroさん

いえいえ、お安い御用です~

すべて自己流です。

先物の件ですがこれは感覚ですね。
思ったとこより下がり続ければって感じですね。

現にライブショックの時は寄り付きから5分ぐらいで300円ぐらい下げました。
その時は一旦損切りしてまた買いなおしたんですが。

とにかくこんな短時間で下がりすぎだろっという感覚はある程度必要かもですね。

でも基本的には悪材料の方が先に発表されてる方が多いから判断できるんじゃないでしょうか?
それに何回もあるもんでもないしそういう時はしっかり損切りすることの方が大切かもです。

お互い夢を叶えましょうね!

投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 14時48分

恒星さん

うわっ!まじだ。こりゃびっくり。
きっと中毒者は考えることも似てくるんですねw

利根川良いこと言いますよね♪大やけどしてたけどww

はい。空回りだけは気ーつけます¥

明日はお互い利益といきましょう!


投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 14時58分

 はじめまして。
 以前からこの人伸びるなと思い、こっそり読ませていただいていたのですが、usagiさんが麻雀好きと聞いてコメントさせていただきます。
 麻雀にかぎらず勝負事って株と共通点ありますよね(株自体が勝負事だという説もありますけど(笑))。『負けそうな時は速攻逃げて、勝てるときはボコボコにすることが大事』と雀ゴロの友達が言ってたのですが、これは株で言う『損切りは早く、利は伸ばせ』と同じですよね。
 また、麻雀では4人いるわけですから、毎局勝負してはいけない。ダメな時は役牌抱えて死なないといけない状況もある。というか、それが半分以上を占める。株でもどっちつかずの時に手を出したら、大抵失敗しますよね。ある程度の確信はないと攻めないという忍耐力が大事という点で似ていると思います。簡単なようで中々できないことなんですけどね。
 これからも頑張ってください。

投稿: ほりー | 2006年5月 7日 (日) 21時44分

ほりーさん

はじめまして!!!
初コメどうもですぅ♪

ほりーさんも麻雀好きっすか??
でも麻雀より、探せば理屈が見つかる株の方が全然簡単ですよ!麻雀は運の要素が強いっすからね。ほんとやめて良かった。

自分の麻雀スタイルですが攻めです!
いくら勝っててもリーチですね!

みんな降りてくれるんであとはツモッて大勝って感じっす。

あとなんか雰囲気で「この人強いな」っていうのが分かるようになったのでそういう人が入ってきたらそそくさ抜けるようになりほぼ負けなくなりました!

麻雀で勝ち続けるのって結構すごいんですよ(自慢)。


このことから危険察知ができるってことで「うさぎ」って名前にしたんですよw

これからもこっそり見ててくださいね!
コメントもどんどん待ってますねー!

投稿: usagi | 2006年5月 7日 (日) 23時06分

 麻雀は好きどころか、雀荘で働いていたりもしていましたね(笑)。負けが多くて給料がなくなることもしばしばでしたけどね。
 東京に来てから、何となくコツが分かって勝てるようになったのですが、場代が強いんですよね。場代なしなら麻雀で生きていける自信が僕もあるんですが。生けていけるといっても、スロットなんかとは違って月20万以上稼ぐのは至難の業ですけど。
 麻雀は目的を見つけられない人間が目的を求めて行き着く場所のように思いますね。哀しいことですけど、そんな人が多かったです。さらに居場所にもなってしまうので、中々抜けられずタチが悪いわけですが。
 うさぎの由来は何となくそうじゃないかとは思ってたんですが、やっぱりそうだったんですね。手牌全てが当たり牌ならぬ、持ち株全部が塩漬け株にならないよう頑張ってください。
 あ、恋愛の方も応援してます(笑)。

投稿: ほりー | 2006年5月 8日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69863/1696739

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ:

« ・・・ | トップページ | 速報! »